今日の釣りバカ天国最新情報!!

リンゴの革命「甘くて美味しい葉とらずフジ」


毎年今の時期になると釣りバカSHOPに開設されます。(^o^)/

;">「釣りバカSHOP りんご販売部」

弘前のりんご農家秋本さんちの主力品種>「葉とらずフジ」がお勧めです。\(^o^)/

今では甘いりんごの定番になった「葉とらずフジ」ですが、出始めのころは「りんごの革命児」と呼ばれたものです。(*^o^*)

甘くなる訳は、実の廻りの葉っぱが光合成を活発にするために、枝先の実に栄養が沢山集められます。

これが甘さと美味しさの秘密です。

ご覧のように実に葉っぱの影があったら、見っけものです。v(^-^)v
葉とらずフジ.jpg

今年のもこんなに蜜が!入っていました
葉とらず蜜.jpg

少し品薄だった去年は販売と同時に売り切れてしまったのですが、今年は大丈夫のようです。(^-^)
フジ箱.jpg
何とか1月までは持ってくれるでしょう。(^o^)/

そうなんです、秋本さんちではりんごの冷蔵庫はほとんど使わないうちに、りんごが売切れてしまいます。(*_*;)

それだけ全国のお客様が、秋本さんちのりんごは甘くて美味しい!と言う事を知っているからです。(^-^)/

その甘くて美味しいりんごを食べた全国の方々からの凄い感想こちらから です。(^o^)/~

 甘くて美味しい「葉とらずフジ」
 
posted by STO孤渓 at 15:59 | 美味いもの情報

何年振りかのサザエのつぼ焼き

 
何年ぶりになるだろうか?(^-^;)

小泊の釣友からいただいたサザエつぼ焼きにして食べた。(^-^)

香ばしい磯の香りとコリコリとした歯触りと、そしてほろ苦い芳醇な味にしびれてしまった。\(^o^)/

s-サザエつぼ焼き.jpg

ただ一つ残念だったのは、手元に「日本酒」が無かったこと。(*_*;)

この美味しさは純粋に日本の味、つまり「和食」。
和食」には、やはり「日本酒」でしょ!と言うこと。(^o^)/

それにしてもまた食べたいというのは、贅沢と言うものだろうか?(^-^;)

どうすればまた「サザエ」をもらえるか・・・?


ただいまそれを思案中。(*^o^*)
誰か教えてくださいな。(^o^)/~


あれ?もらえなくても、買ってくりゃいいのか!\(^o^)/
俺って単細胞?(*^o^*)
 
posted by STO孤渓 at 11:34 | 美味いもの情報

モミジダイ

 
サクラダイは聞いていたが、
モミジダイと言うのは初めて聞いた。(^-^;)

まずサクラダイは桜の咲く頃に産卵に向かう真ダイは、
脂が乗って美味しくなるのでその頃の真ダイをそう呼んで、
旬の魚として珍重する。(^o^)/

   サクラダイ.jpg

そして産卵した真ダイは痩せてしまうので、
味は落ちてしまう。(^-^;)

しかし、秋も深くなって山のモミジが赤くなる頃、
海の真ダイも寒い季節に向かって赤くなってくる。(^o^)/

そして脂が乗ってきて美味しくなる、
これを山のモミジにたとえて「モミジダイ」と呼ぶのだそうだ。\(^o^)/


   モミジダイ.jpg

そういえば確かに冬に向かう真ダイは美味しい。(^o^)

言いえて妙と言うところですねえ。V(^0^)V

そういえばメスの仔持ちもそうだが、
オスの白子もここ何年か喰ってないなぁ。(^-^;)

今年こそ喰えるように頑張らなくちゃね。V(^0^)V
 

それにしても「モミジダイ」を始めて聞いた私もまだまだですね。(^o^)/~




そしてサクラダイの予約注文が今日入ってきた。(^o^)





  美味しい魚のご注文:釣りバカSHOP


posted by STO孤渓 at 17:16 | 美味いもの情報

酢ダコ

 
今日昼に発信したメルマガにも書いたが、
我が家の手製の酢ダコです。(^o^)/
   s-タコ.jpg

頭も足も真っ赤なのは、
酢ダコは真っ赤なものと決めてしまっているから。(^-^;)

食べるのが主役の私も、
作ったカミさんもそう思っているらしい。(^o^)

と言うか、
前日食紅を切らして、
赤くない酢ダコを作ってしまったが、
なんか感じが出ないと言うか、
あまり美味しく感じなかった。(*_*;)

で、やはり食紅で真っ赤にして作った。\(^o^)/

同じように着色したものに、
タラコもあるが、
最近は慣れてきたせいか、
赤くないものでも普通に売られているし、
食べるのにも抵抗感は全く感じない。(^o^)/

他にも着色した食べ物は沢山ありそうだが、
何があるかなぁ?(^o^)/~

紅ショウガに、福神漬け明太子・・・?
和菓子も色をつけて綺麗に仕上がっているし・・・。(^o^)/

確か、中国で作った割り箸などには、
綺麗な白さを出すために一度脱色したりする、
と言う事を聞いた記憶があるが、
こんな着色は願い下げにしたいものですなぁ。\(^o^)/

いずれにしろ、
日本人は天然のものを好む傾向があると聞いたが、
段々に着色料なんかの食物は減るとは思うけど、
赤くない酢ダコは今だかつて見た事がないなぁ。(^o^)/~

  メルマガ「これであなたも釣り名人」

今日までのメルマガは「バックナンバー:全て公開」からどうぞ!
 
posted by STO孤渓 at 15:48 | 美味いもの情報

ナメタの料理

 
先日釣ってきたナメタの煮付けですが、
   s-02.07ナメタ煮付け.jpg
煮付けて丸一日おいてから食べるところです。(^o^)/~

味が凄く染みていて、
一日目で食べるよりも数段美味しかったです。\(^o^)/

今度からはナメタの煮付けは、
次の日に食べる事にした記念のナメタになりました。(^o^)/

そして、始めてやってみたナメタのお刺身です。(^o^)
   s-02.06ナメタ刺身.jpg
コリコリとして淡白な美味しさがありました。\(^o^)/

ちなみに上のオレンジのは、
博多から取り寄せた明太子です。(^o^)

さすが本場物は違うなぁ〜、と言う美味しさでした。V(^0^)V

話がそれましたが、
一日目で食べたナメタの煮付けですが、
上の白いものは刺身で残ったナメタの皮です。(^-^;)
   s-02.06ナメタ煮付け.jpg
そして右はホーレンソウで、
下はナメタの仔です。(^o^)/

さらに、これはナメタ(右)と、
   s-02.06ナメタ昆布押し.jpg
油目(左)の昆布押しです。(^o^)/

油目は食べなれているので感動はないのですが、
ナメタはかなり感動しました。(^-^;)

刺身ではサッパリとした感じだったのが、
昆布押しにしたら、
うま味が一緒になって素晴らしい味になってました。\(^o^)/

今度からは絶対に昆布押しも食べたいっ!
と思えるほどです。(^o^)/

さて明日とあさっての今年最後のナメタ釣りは、
中止になってしまったのですが、
代わりの水曜日の15日は人数が集まるのかな?(^-^;)

どうか沢山の方に参加してもらって一緒に楽しく!
そして美味しい!ナメタを味わいませんか?(^o^)/~

 来週の水曜日は凪の日ナメタ釣行隊参加募集!です〜! 
 
posted by STO孤渓 at 17:20 | 美味いもの情報

ピリ辛しじみラーメン

 
安全と大漁祈願のあとは美味しいラーメンが待っていました。(^o^)
ってこっちから食べに行ったんですがね。(^-^;)

十三湖の反対側にはしじみ亭がありますよね。(^o^)/
蟹田から山越えして今泉に出て、
右の小泊に向かって曲がって直ぐですね。(^o^)/~

オーダーは勿論「ピリ辛しじみラーメン」です。\(^o^)/
   
画像の右側にあるのは、
s-02.07ピリ辛.jpg
白いキャップが「おろしニンニク」を詰めた小瓶と、
赤いのは「火だれ」を詰め替えた容器です。(^o^)/

ただでも美味しい「ピリ辛しじみラーメン」ですが、
画像のトッピングのお陰でもの凄く美味しくなりました。V(^0^)V

一杯¥735円のラーメンが千円以上の価値に跳ね上がりました。\(^o^)/

安全と大漁祈願のさらにその後は、
ハイ!デザートですね。(^o^)/

最近はまっている「ソフトアイスクリームハーフ」です。(^o^)

直売品や魚も売ってる事で人気の「村の駅 よもっと」です。(^o^)/
s-02.07ソフト.jpg
「バニラ」と「イチゴ」とミックス」がありますが、
これは「ミックス」です。(^o^)

味もさることながら、
お得感がモリモリです。V(^0^)V

フルサイズが¥250円なのに対して、
このハーフは¥150円ですが、
てんこ盛りのアイスは優に2/3以上に盛り上がってます。(^o^)/

だって容器のコーンの底が平らになっているか、
三角に尖っているかだけの違いなんです。(^o^)/~

あそこを通るとどうしても寄りたくなるんですよね。V(^0^)V
そしてそのお得感がつい買わせるんです〜!(^-^;)

   hidare.JPG
 ラーメン専用「火だれ」

ラーメン専用とあっても、
なんにかけても美味しいんですよ。\(^o^)/
 
posted by STO孤渓 at 15:36 | 美味いもの情報

刺身4種

 
先日釣って(もらって)きた魚をお造りにして食べた。(^o^)
   s-12.17刺身5種.jpg
上からトラフグのテッサ、真フグの昆布押し、
アマダイの塩〆、真ダイの湯引き、
そして右が東京築地「丸武の卵焼き」です。(^o^)/

どれも美味いがここに来てみると、
めったに喰えない滑らかな卵焼きが新鮮だけど、
やっぱりそれぞれの旨味があって、
「全ての魚が美味い!」と言うしかないようだ。\(^o^)/

トラフグのテッサは最近NHKでフグの番組をやっていたが、
その中で見た下関のフグ職人の技を見てまねした、
薄く切る方法を覚えたら、
今までよりもさらに美味しく食べられた。\(^o^)/

真フグは身が少し柔らかく味も少し淡白だが、
昆布で〆る事で適度な堅さと美味さが加わって美味しいし、
アマダイは元々美味しいのだから言う事ないし、
今の真ダイはさすがに脂が乗ってきていて、
甘くて美味しいのだ。V(^0^)V

そしてコレはおなじみのアマダイの皮の唐揚げ。
   s-12.17アマダイ皮唐揚げ.jpg
シャリシャリと軟らかくてえも言われぬ食感が堪りませ〜ん。(^o^)

こんなに美味いものがしばらく喰えなくなるのは凄く寂しいが、
もう直ぐまたまた美味しい仔持ちナメタの煮付けが食べられるから、
少しの我慢と言うところかな。V(^0^)V
 
posted by STO孤渓 at 17:06 | 美味いもの情報

アマダイのお刺身

 
アマダイの塩〆(右)と真フグの昆布押し
   12.06アマダイ刺身フグ.JPG
アマダイの身は少し軟らかいので、
そのまま刺身にすると少し水っぽく感じられる。(^-^;)

そのために京都の昔ながらの調理人たちは、
「塩〆」なる技法を編み出した。(^o^)/

それをまねしてやってみたら、
これがまた素晴らしい方法だった事に納得である。

ここに自分なりにお話して身ます。

 1.アマダイをウロコを取らずに3枚におろします。
 
 2.皮と腹骨をすきとります。
 
 3.中骨を骨抜きで取ってサクの完成です。
 
 4.キッチンペーパーで包んでその上から軽く塩を振ります。
 
 5.冷蔵庫で30分置けば出来上がりです。
 
 薄く削ぎ切りでも良いし、真っ直ぐに平造りででも美味しいです。(^o^)
 
 
最初にウロコを付けたままの皮は一口大に切ってそのまま唐揚げです。
    12.06皮唐揚げ.JPG
なんとも言えない食感で堪らない美味しさですよ。\(^o^)/
 
posted by STO孤渓 at 15:28 | 美味いもの情報

釣り魚料理

 
この前釣って来た魚、
   s-11.06お造り4種.jpg
アマダイと真ダイ、イシナギをお造りにしました。(^o^)/

一番上が少しの塩とキッチンペーパーで、
水分を吸い取って身を締めたアマダイのお刺身。(^o^)/~

そして湯引きにして皮を軟らかくした真ダイ。(^o^)

さらにそのままをお刺身のイシナギと、
1時間だけ昆布で〆たイシナギです。\(^o^)/

アマダイの甘い旨味と脂ののって来た真ダイ、
そして身の締まってコリコリとした歯ざわりと、
独特の旨味のイシナギのお刺身、
さらに昆布の旨味がプラスされた昆布押しのイシナギ、
それに付け足して美味しい日本酒で頂いたと言うもの、
何とも言えない幸福感が一杯でした。(^o^)

そして、アマダイのアラの煮付けと皮の唐揚げ、
   s-11.06アマダイ煮付け.jpg
煮付けの頭のゼラチン質とほお肉の甘さ、
旬のネギのトロリとした舌触りと旨味、
皮の唐揚げのシャリシャリ感は、
   s-11.06アマダイ唐揚げ.jpg
何とも言えない旨味が満載でした。\(^o^)/

今の季節の海からの贈り物には、
「感謝」の一言だけです。V(^0^)V
 
posted by STO孤渓 at 17:17 | 美味いもの情報

真ダイとアマダイとタチウオ

  
先日自分で釣ったアマダイとエビスダイのお刺身です〜!(^o^)/
   s-10.22アマダイ・真ダイ刺身.jpg
上がアマダイのお刺身で、真ん中がエビスダイ、
そして下がアマダイの昆布〆です〜!\(^o^)/


エビスダイはご覧のような恵比寿様が抱えているような、
   s-10.22エビスダイ.jpg
体高が合って身が厚くてゴロンとした真ダイなのですが、
脂がのってて甘かったし、
アマダイも素晴らしく甘くて美味しかったんですよ。(^o^)

そしてアマダイの皮の唐揚げですが、
   s-10.22アマダイ皮唐揚げ.jpg
シャリシャリと独特の軟らかさが、
なんとも言えない食感です。(^o^)/

あなたも脂がのってきて美味しい、
秋のタイはいかがですか?(^o^)/~

そのためには凪に恵まれなければいけないのですが、
ウィークディに都合の良い方と、
週末の土曜日しか休めない方に朗報です〜!\(^o^)/

「出れれば釣れる秋のタイ」のビッグチャンスです。V(^0^)V

今度の金曜日と土曜日にそのチャンスがやって来ました。(^o^)/~

あさっての28(金)と週末29(土)の参加者募集です〜!

凪予報の金曜日はまだ3名様の空きです。

そしてベタ凪予想の満席だった土曜日には、
2名様の空きができました。(^o^)/~

このチャンスをお見逃しなく〜!!\(^o^)/


追加の秋の味覚はタチウオです。(^o^)

炙りと頭の煮付けです。(^o^)/~

炙りは切る前に炙ってしまうと軟らかくなって仕上げが良くないので、
薄く削ぎ切りにしてから炙りました。(^o^)/
   s-10.20タチウオ炙り.jpg
身崩れもしないで軟らかく仕上がって美味しかったです。\(^o^)/

頭の煮付けは、
   s-10.20タチウオ頭煮付け.jpg
ホッペの肉が締まっていて凄く食感が良かったのですが、
身肉のほうはトロトロと柔らかくで絶品でした。V(^0^)V

アマダイもタチウオも、
どうやって食べても美味しい魚ですね。\(^o^)/
 
posted by STO孤渓 at 16:22 | 美味いもの情報

初めてのタチウオ

 
始めて見た魚タチウオを炙りにして見ました。(^o^)
s-10.15タチウオ.jpg
勿論見るも初めてなら料理するも初めて。(^-^;)
さらには食べるも初めてですから楽しいですね。(^o^)/

3枚に下ろして皮の方を炙ったら、
見る見る身が元の半分くらいに縮んで行きます。(^-^;)

皮の表面にプツプツと空気の粒ができたので、
そこで炙るのを止めていざ切り方を3種類。(^o^)

   s-10.16タチウオ炙り.jpg

削ぎ切りと細切りとぶつ切りと・・・。(^o^)/
しかし、身と皮が柔らかくて切りづらくて、
少しグチャグチャになってしまった。(へたくそ)(*_*;)

いざ試食。
シコシコとした歯ざわりと、
独特の甘味が堪らない。(^o^)/

それでもぶつ切りは少し皮が硬く感じるし、
細切りもいまいち。(^-^;)
(もしかして魚体が大きいので皮が厚く硬い?)

しかし期待の削ぎ切りは舌触りも歯ざわりも、
とろりとして絶品。\(^o^)/

癖にして今夜も炙りの削ぎ切りに挑戦してみよう〜!(^o^)/~

PS:下は鮎吉さんからもらったワラサです。(^o^)/
posted by STO孤渓 at 15:51 | 美味いもの情報

コンテッサ

 
今回釣れたフグをお客様からいただいたので、
   s-09.14昆布.jpg
早速昆布押しにしておきました。(^o^)

首根っこから背骨まで包丁をを入れて、
まな板に背中を押し付けて首を折るようにすれば、
背骨が見えるのでその背骨を出刃包丁で押さえて、
頭を持って尾っぽのほうに引っ張れば、
皮と内臓が一緒にプリッとはがれます。(^o^)/

その皮のはがれた身を3枚に下ろして、
綺麗に洗って昆布に挟んでおいたものです。(^o^)/~

薄く削ぎ切りにすればテッサの昆布押し、
   s-09.14コンテッサ.jpg
「コンテッサ」の出来上がりです〜!\(^o^)/

もみじおろしなども良いのですが、
私はワサビ醤油が好きですね。V(^0^)V
 
posted by STO孤渓 at 17:24 | 美味いもの情報

八丈島カンパチのお刺身

 
カンパチのお造り
   s-08.03カンパ刺身.jpg
 
八丈のえびちゃんからカンパチが届きました。(^o^)/

体高のある脂ののったカンパチで、
さぞかし美味しそうな魚体でした。\(^o^)/

早速お刺身にして食べましたが、
確かに脂がのりのりで美味しかったです。(^o^)/

えびちゃんありがとう〜!(^o^)/〜

ところで八丈島でのお刺身の食べ方をご存知でしょうか?

昨日私はワサビ醤油でいただきましたが、
八丈ではワサビではなく辛子醤油でいただくんですよね。
そしてなんとお寿司のサビも辛子なんですよ。(^o^)/

これがなんとまた風土に合っているというか、
現地で食べると美味しいんですよね。(^o^)
そして焼酎は勿論室温のままの生でグビグビです。(^o^)/
これこそ凄く合っていて美味いときたもんです。\(^o^)/

なので八丈を思い出しながら、
今夜は辛子醤油でいただくつもりです。(^o^)/~
 
posted by STO孤渓 at 17:33 | 美味いもの情報

テッサと卵焼きでお天気祭り

 
お客様からいただいたトラフグのテッサです。(^o^)
   s-07.06テッサ.jpg

今日も明日も中止になっちゃいました。(^-^;)

せっかくの週末に荒れるというのは、
私の神様への拝み方が足りないのかな?(^-^;)

と言う事で、
さっき書き終わったメルマガを配信したので、
早速お天気祭りとしてお神酒を挙げようかな。\(^o^)/

青森のイt−ヨーカドーに行けば、
  s-02.20ナメタ 001.jpg  s-02.20ナメタ 004.jpg
「築地丸武の卵焼き」も買えるしね。(^o^)/~

中止になってお暇な方は、
是非メルマガでもお読み下さいませ。(^o^)/~

 メルマガ「これであなたも釣り名人」

今回の内容は、

1.赤石側と今別川のアユ釣り
2.小泊側のタイ釣り
3.下前側のタイ釣り

そして「釣り技伝授」は「下前のチダイの釣り方」

  その時の当たり仕掛けは? 釣りバカSHOPのジグえさリグセット

--------------------------------------------------------------------------------
 今後の予定: J−つりバカ号他予定表

 ●7月11日(月) 真ダイ・チダイ 満 席  (参加者募集中)
 ●7月12日(火) 真ダイ・チダイ 6名空き (参加者募集中)
 ●7月13日(水) 真ダイ・チダイ 2名空き (参加者募集中)
--------------------------------------------------------------------------------
 
posted by STO孤渓 at 15:16 | 美味いもの情報

昆布押しは美味いッ!

 
久しぶりにショウサイフグが釣れたので、
さっそく昆布押しにしてみました。(^o^)

   s-0629 003.jpg   

勿論一緒に釣れた油目もです。(^o^)/

レシピは、
柵にした身を2枚の昆布の間にはさむだけ。(^o^)

ワクワクしながら食べました。(^-^;)
え〜、食べましたとも。(*_*;)

その美味さに言葉もありません。\(^o^)/

と言いながらもつい言いたくなるのが私の悪い癖ですが・・・。(^-^;)

淡白な味が昆布の旨味で満たされてなんとも言えません。(^o^)/

油目は油目で元の旨味と昆布の旨味が合わさって、
これまたえも言われない味に仕上がってました。\(^o^)/

昆布押しばんざ〜い!V(^0^)V
 
posted by STO孤渓 at 12:18 | 美味いもの情報

船下ろし

 
   s-CA96465D.jpg

今日は船を下ろしてきました。(^o^)/

でも僚船の「釣吉丸」だけです。(^-^;)

土曜日に一緒に下ろそうと思ったのですが、
2艘同時はチョット厳しいと言う事で、
とりあえず釣り吉丸だけ今日下ろして、
J−つりバカ号はあさっての土曜日に下ろすことになりました。(^o^)

南西の風が吹いて沖は白波が立ってる中でしたが、
港の中の時折吹く強い風に船を流されつつも、
鮎吉さんと二人でしっかりと係留してきました。\(^o^)/

J−つりバカ号はあさっての土曜日に船を下ろして、
直ぐに沖に出たいと思っています。(^o^)

明日その時間がわかりますが、
何時まで出来るかもわからないゲリラ釣行になりますので、
それでも良い方だけの参加です。\(^o^)/
 
posted by STO孤渓 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもの情報

もう一度食べたい

 
   s-波除神社.jpg

一度は行ってみたかった「東京の築地市場」。

念願叶って1月の中ごろ言って来ることができました。(^o^)/

築地市場の直ぐそばには画像のような「波除神社」があって、
私みたいな海と関わって暮らしている者には有難い神社です。

もちろん第一にお参りして「安全と大漁」を祈願して来ました。

そしてその後には、
場内市場と場外市場をゆっくりと見学と買い物です。(^o^)

場内市場では新鮮な魚が目白押しで、
その日の夜に食べる海鮮丼の材料や、
肝和えにする「本カワハギ」などを仕入れました。(^o^)/

   s-場外市場.jpg

場外市場では真っ先に見つけた卵焼きの有名店、
築地市場の場外市場と言うとガイドブックに必ず出てくる、
「テリー伊藤」の兄貴(アニー伊藤と言うらしい)のやってる、
「築地 丸武」の「厚焼き玉子」です。(^o^)
 
実は「テリー伊藤」だけでの有名店かと思ったら、
そうではなかったんですよ。
 
本当に美味しいんです。
あんな美味しい卵焼きは始めて食べました。\(^o^)/
 
味も優しくて美味しいんですが、
その舌触りが滑らかなんですよ!
 
とにかくこの絶品が気に入っちゃって、
今思えばもっと買ってくれば良かった、
なんて事思ってます。(^-^;)

1月のことを今になって書いているのは、
実はこの卵焼きともう一つ食べたいなあ、
と思い出してしまったものがあるんですよね。(^-^;)

「氷見の寒ブリ」で、
氷見産でないのも食べてみたたのですが、
全然別物でした。(^o^)
 
とにかく脂ののりが違って、氷見産のはトロトロです。
凄く甘くて美味しかったです。(^o^)/~
 
青森での寒ブリとも全く違いました、と言うより、
私自身本当の「寒ブリ」と言うものを知らなかったのを、
思い知らされたと言う事です。\(^o^)/
 
今年の「寒ブリ」は過去に無いほどの豊漁だそうですから、
是非もう一度食べたいと思って、
スーパーのチラシなどを欠かさず見ているのですが、
青森には全く入って来ていないようです。(^-^;)
 
東京では、「氷見産の寒ブリ」なんてどこの「駅地下」や、
スーパーでも売っていたのにと思うと、
ますます食べたくなります。(*_*;)
 
なぜ「氷見産の寒ブリ」は他と違うかと言うと、
「沖締め」と称して船の上で「氷詰め」にして、
一瞬で仮死状態にするのだとテレビでやってましたが、
確かにその違いを思い知ったと言う訳です。\(^o^)/
 
ところで「氷見産の寒ブリ」どこかで、
手に入りませんかねえ。(^o^)/~

思い出せばなおさら食べたいなあ。(^-^;)

「氷見の寒ブリ」と「築地 丸武」の「厚焼き玉子」・・・・・・・。\(^o^)/
posted by STO孤渓 at 16:33 | 美味いもの情報

煮付け料理

 
   s-02.12ナメタ煮付け.jpg
まずはいつもの画像で済みません。m(-_-)m

でもこのお腹の仔を見て下さい。(^o^)/
いわゆる仔持ちナメタと言うやつです。(^o^)/~

これが身が締まっているし、
皮のゼラチン質は軟らかいし、
ヒレの付け根の脂はトロトロだし、
仔がこれまたプツプツと甘くて美味しいもんですから、
病み付きなんですよ。\(^o^)/

そしてお次は、
これまた定番の油目の昆布押し(上)ですが、
   s-ソイ油目昆布押し 001.jpg
今回は大きなクロソイも釣れたので、
このクロソイも昆布で閉めてみました。(^o^)

どちらも魚本来の旨みと昆布の旨みが合わさって、
なんとも言えない美味しさになるんですねえ。\(^o^)/

ちなみにクロソイは仔持ちの旬だし、
油目も随分と脂が乗って来て甘く美味しくなりました。(^o^)/~
 
   美味しい魚の釣れ立て直送
posted by STO孤渓 at 16:05 | 美味いもの情報

油目の昆布押し

 
   s-油目昆布押し 002.jpg

ナメタ釣りと言うよりは、
油目釣りの方が良い成績になる最近のナメタ釣りですが、
その結果としての油目の昆布押しは嬉しいものです。(^o^)/

その日のうちの1時間だけ昆布にはさんだものも美味いのですが、
この画像のように3日ほどはさんで、
しっかりと昆布の味が染み込んだものも美味しいんですよ。\(^o^)/

  釣りバカSHOPの釣り立てお魚の直送宅配
posted by STO孤渓 at 14:42 | 美味いもの情報

アフターフィッシングonワカサギ


ワカサギ釣りで冷えた体を暖めたくなるのは誰も同じ?(^o^)/

内沼から野辺地の手前まで来ると昔からの「麺道蘭」があって、
そこの「ピリ辛(辛ネギ)ラーメン」が定番になっている。

ただの「和風ラーメン」と「辛ネギ」を足したものだが、
これが実に素晴らしいマッチングで、
他にある「鬼殺しラーメン」などの辛いラーメンより実に美味い。\(^o^)/

   s-ピリ辛ラーメン.jpg

画像にはライスもあるがこれがまた良い組み合わせで、
「辛ネギ」の2/3をラーメンに、
そして1/3はライスに乗っける。
さらにラーメンにはテーブルの上にあるニンニクの摩り下ろしをたっぷりと。(^o^)/

これでこのメニューの完璧な仕上がり。
後はフーフー言いながら完食するだけ。\(^o^)/

その日のやるべき事が全て終わったような気になるのだ。(^o^)/~
posted by STO孤渓 at 14:37 | 美味いもの情報



今日の釣りバカSHOP最新情報!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。